広島市安佐南区で肩こり、腰痛、自律神経症状、婦人科系疾患の改善を得意としています整体院アントレの住田です。

「自律神経失調症の予防」について

自律神経失調症というのは誰にでも起こりうる症状で、自覚のないうちに症状が増していくのが特徴です。
今後また自律神経失調症にならないために、普段から心がけておくべきことをご紹介いたします。

規則正しい生活

まずは早寝早起き。少しずつでいいので早起きから始めてみると、夜は自然と眠たくなり、早寝早起きの習慣に入りやすいです。
1日3食というのがありますが、朝はお腹が空かないのであれば、無理に朝食を摂る必要はありません。
空腹を感じたら、お野菜や旬のものなど、自然のものや温かいものを摂ることから始めてみましょう。

十分な睡眠

睡眠は脳や体の疲れを回復させると同時に、生活のリズムを整えることにもなります。
朝起きたときに日差しをたっぷり浴びると、体内時計がリセットされ、自律神経バランスが整いやすくなります。

糖分、脂分、アルコールは控えめに

ジュースやアイスなどの糖分、お菓子などの脂分の摂取は、身体に良いとはいえません。
糖分は、血糖値を急激に上げ、身体に負担がかかります。脂分は胃や腸に負担をかけます。

身体の各箇所に炎症が起きやすく、交感神経が優位に立ってしまいます。
カフェインや辛い味などの刺激物も控えめにしましょう。

物事を肯定的に、良い方に考える

どんな出来事も、良い方向につながっているという法則があるようです。一見マイナスに捉えがちな出来事でも、長いスパンで考えてみると、自分にとって起こるべき良い出来事だった、という場合がほとんどとのこと。
例えば、子供が小さい時に病気にかかりやすいのは、免疫力を強くするため。風邪を引いたときに熱が出るのは、免疫のスイッチを上げるため。体内にあるガン細胞を高熱により死滅させるため。
こうしてみると、自律神経失調症になったのも、これ以上の大きな病気にならないための身体からの声だったのかもしれないという見方もできます。
「自律神経失調症になったおかげで…」何個か心当たりはありませんか?(^^)/

ぬるめで入浴

入浴は心身をリラックスさせるためにも、自律神経のためにもかなり効果があります。さらにぬるめのお風呂に浸かることで、副交感神経の働きがうながされます。夏場で38~39℃くらい、冬場で40~41℃くらいのお湯に20分ほどかけての入浴を。入浴後の軽いストレッチも、副交感神経がさらに働き、快適な睡眠に入りやすくする効果があります。

ストレス解消

自律神経失調症の最大の原因といわれるストレス。ストレスが溜まり過ぎてしまう前に、どこかでなにかで発散させないといけません。ストレス発散方法は人それぞれです。好きな音楽を聴く、おしゃべりに熱中する、本や漫画を読む、身体を動かす、カラオケに行く、などなど。また飲み過ぎない程度でしたら、楽しく飲むお酒もストレス発散の助けになります。

「自分に合ったストレス発散をしながら、上手にストレスと付き合っていく。」
このことを身につけるのが、自律神経失調症から自分を守る武器といえるのかもしれません。

当院は自律神経失調症の改善を得意とする整体院です。
お電話・メールでのご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。
参考資料:自律神経失調症ドットネット大辞典

☎082-209-8836
✉entrez.hiroshima@gmail.com
休診日:日曜日(祝日は営業)
営業時間:8:00~20:00
広島市安佐南区川内1-6-14
整体院アントレ


The following two tabs change content below.
住田 雄亮(すみだ ゆうすけ)

住田 雄亮(すみだ ゆうすけ)

整体院アントレ院長。身体的疲労やストレスによる痛みやだるさを和らげ、患者様が快適に清々しく生活できますよう、精一杯お手伝いさせていただいております。

整体院アントレの施術の特徴

体の悩みを解決をしたいけど・・・。
どんな治療なのか?どのくらい料金がかかるのか?など不安な方も多いと思います。
整体院アントレは、あなたの悩みを丁寧にお聞きし、原因や治療方法、料金をしっかりとお伝えいたします。
まずは、お電話でもメールでも気軽にご連絡ください。

「ホームページを見ました」と気軽にご連絡ください。

気軽にご相談・ご予約ください TEL 0120-048-836 受付:8:00~20:00(最終受付19:00)
休業:日曜日14時以降
住所:広島市安佐南区川内1‐6‐14
地図・アクセス